スポンサーサイト

2016.09.09 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    グリーン電力

    2015.02.13 Friday

    0

      グリーン電力とは、
      太陽光、風力、水力など、
      自然エネルギーを利用して作られた電力の事です。

      その他の自然エネルギーには、
      バイオマス、マイクロ水力、地熱などがあります。

      グリーン電力の特徴は、自然エネルギーを利用するので、
      発電時のCO2排出がなく、地球温暖化防止につながる事です。
      また、化石燃料のように枯渇してしまう心配もありません。

      弊社では、GSLを通じて、
      自然エネルギーの普及を応援させて頂いています。

      ボールペン・書けなくなる原因

      2014.08.22 Friday

      0
        JUGEMテーマ:ボールペン

        ボールペンが書けなくなる原因として、
        主に以下のことがあげられます。

        .撻鸚茲稜紡
         ペン先から落としてしまったり、突き刺す道具として使用した場合、
        ペン先が破損して、ボールが回らなくなってしまう場合があります。

        ▲ぅ鵐の逆流
         水平より上向きで筆記したり、ペン先を上にしたまま保管した場合、
        芯の中に空気が入り、インクが逆流してしまう場合があります。

        インクの劣化
         年月が経つと溶剤が蒸発して、未使用でもインクは劣化していき、
        最後には完全に固まってしまいます。

        ぅ魁璽謄ング材などの巻き込み
         表面がコーティング加工された紙などに筆記した場合、
        コーティング材がペン先に巻き込まれてしまう場合があります。


        ブログキャラ

        安定して最後までお使いいただくために、
        ・筆記以外のご使用は避けてください。
        ・保管時はペン先を上に向けないよう注意してください。
        ・はげしく振ったり、落としたりしないよう注意してください。
        ・インクが乾燥しないようペン先を収納して保管してください。
        ・高温多湿や低温になる場所での保管は避けてください。

        ノベルティの活用方法 その2

        2014.05.29 Thursday

        0

          宣伝効果が高いノベルティの条件としては、
          ・多くの人に受け取ってもらえること。
          ・使用頻度が高い商品であること。
          この2点が大切になります。

          多くの人に受け取ってもらえるノベルティとしては、
          特にボールペンをあげることが出来ます。

          筆記具は誰でも使う必需品なので、
          受け取りを拒否される可能性がほとんどありません。

          また、手元に名入れがくるので、
          宣伝文字を読んでもらえる可能性が高くなります。

          プライム・油性

          使用頻度が高い商品としては、
          これからの季節は扇子があげられます。

          扇子は携帯性にも優れているので、
          持ち歩いてもらえる可能性が高い商品です。

          夏場は1日に何度もあおぐ機会があるので、
          特に高い宣伝効果が期待できます。

          2014扇子

           
          JUGEMテーマ:ノベルティ

           

          ノベルティの活用方法 その1

          2014.05.27 Tuesday

          0
            JUGEMテーマ:ノベルティ
             
            ノベルティの基本的な考え方は、
            会社名や店舗名などを名入れした商品を、
            宣伝のためにお客さまにお渡しする事と、
            言えると思いますが、

            具体的な活用場面として、
            ・お店や団体などの販売促進。
            ・周年記念の粗品。
            ・営業ツール。
            ・展示会などの来場記念品。
            ・アンケートの謝礼。
            ・卒業記念品、卒園記念品。
            ・運動会やクリスマスなどのイベント。
            ・入社記念品、退職記念品。
            などが、あげられます。

            共通していることは、
            ”受け取った人に喜んでもらえるように考えて製作された商品。”
            だと思います。

            どのようなノベルティであれ、
            受け取ってもらえなければ始まりませんし、
            受け取ってもらえても、使ってもらえなければ、
            何の効果も得ることが出来ません。

            多くの方に受け取っていただけて、
            多くの方に使っていただける、
            このようなノベルティの提案を、
            今後も心がけて行きたいと思います。


             

            ボールペン・インクの寿命

            2014.05.16 Friday

            0
              JUGEMテーマ:ボールペン

              ボールペンのインクは、
              油性インク、染料+溶剤+樹脂 
              水性インク、顔料+溶剤+分散剤
              で基本的に構成されています。

              油性インクに関してのみ、
              JIS規格で、製造後15ヶ月経過後も
              良好な筆記が出来ることとなっています。

              高温多湿な場所を避けるなど、良好な保存状態であれば、
              油性インクは3〜5年、水性インクは3年程度、
              筆記が可能であるといわれています。

              これは、溶剤が徐々に蒸発していくことで、
              インクの粘度が増すことによる寿命によるものです。

              油性インクは、
              揮発量が少ないアルコール系溶剤が使われているので、
              水性インクよりも、長期保存が可能となっています。



              (弊社ボールペン芯の一例:2013年6月製造)


              ご質問やご要望など、お気軽にお問合せ下さい。


               

              ライターのガス

              2014.04.10 Thursday

              0
                JUGEMテーマ:ライター

                一般的な使い捨てライターには、
                ノルマルブタンを主成分とした
                LPガスを使用しています。

                ライター内部には、液体状のガスと、
                それが気化した気体状のガスが入っています。

                レバーを押し下げた時に、
                気体状のガスだけを取り出して、
                着火する仕組みになっています。

                ただし、沸点マイナス0.5度のノルマルブタンは、
                これ以下の低温では、気化することができず、
                着火はできなくなってしまいます。

                弊社のライターは、
                内部から外部にかかる圧力が、
                大気圧の2倍強程度になる、
                23度を基準とした炎設定を行っています。

                温度が10度で、圧力は1.5倍に低下し、
                冬場の炎は、小さくなります。

                温度が40度で、圧力は4倍強に高まり、
                夏場の炎は、大きくなります。

                このような性質をご理解の上、
                ライターをご使用の際は、
                顔や衣服から離した着火を心がけ、
                時期にあわせた炎調整を行った上で、
                ご使用をお願いします。

                また、真夏の車内など、高温になる場所は、
                ライター内部の圧力が急激に上昇して、
                爆発する危険もあります。

                50度以上の高温や、長時間の直射日光には、
                さらさないように、十分注意してください。



                 

                ライターのガス

                2014.03.17 Monday

                0
                  JUGEMテーマ:ライター

                  ライターに使用しているガスは、
                  LPガス(液化石油ガス)と呼ばれる、
                  炭素と水素を主成分とした化合物です。

                  通常の常態では気体ですが、
                  圧力を加えたり、冷却することで、
                  簡単に液体に変えることが出来ます。

                  ライター内部のガスは、
                  圧力により液体になっています。


                  ネオン

                  現在、地球温暖化や大気汚染など、
                  環境破壊が大きな問題となっていますが、

                  LPガスは、
                  オゾン層破壊の心配がなく、
                  ススや灰分なども発生しません。

                  また、二酸化炭素の排出量も、
                  他の化石燃料(石油・石炭など)の中で、
                  最も少ないと言われています。

                  環境にやさしいLPガスは、
                  クリーンエネルギーとして期待されています。

                   

                  ボールペンのインク

                  2014.03.13 Thursday

                  0
                    JUGEMテーマ:ボールペン

                    ボールペンのインクは、
                    大きく分けると油性と水性になります。

                    油性ボールペン(油性染料インク)は、
                    水をはじくので耐水性に優れ、乾燥に強く耐久性があります。
                    短所としては、粘度が強いので書き味が重いことがあげられます。

                    水性ボールペン(水性染料インク)は、
                    粘度が低いので発色が良く、書き味も軽くて滑らかです。
                    短所としては、粘度が低いので滲みやすく耐久性が劣ることがあげられます。

                    ゲルボールペン(水性顔料インク)は、
                    水性と油性の短所を改善するために開発されたインクです。

                    筆記した時にペン先のボールが回転して、
                    力が加わることで粘度が低くなり書き味が軽くなります。
                    書かれたインクはゲルに戻ろうとして、
                    粘度が再び高くなり、耐水性や耐久性が維持されます。

                    また、ゲルインク国際規格に適合した商品は公文書に使用することができます。

                    セミゲルボールペン(油性染料インク)は、
                    公けの呼び方ではなく、
                    書き味を軽くするために、油性インクの粘度を低くした、
                    油性ボールペンの仲間になります。

                    弊社のプライムボールペンは、
                    お好みの書き味にお応えできるよう、
                    油性・ゲル・セミゲルの3種類をご用意しています。




                     ご興味のある方は、お気軽にお問合せ下さい。

                     

                    ボールペンの使い方

                    2014.03.05 Wednesday

                    0
                      JUGEMテーマ:ボールペン

                      ボールペンのペン先は、
                      とても繊細でミクロン単位の精度で加工されています。

                      そのため、硬い所に落としてしまったり、
                      ペン先で物を突いたり、
                      穴を開けたりなどの粗い使い方はNGです。

                      インクが出なくなったり、
                      反対にインクが出過ぎるようになったりすることがあります。

                      ボールペンは、
                      60〜90度の角度での筆記が理想的となっています。

                      ペン先を上にして書くと、
                      空気が入ってインクが逆流したり、
                      寝かせて書くと、
                      ボール保持部が筆記面にあたって磨耗し、
                      ボールが外れてしまったりする原因となります。

                      安定してお使いいただくために、是非ご注意してください。
                      1